不動産ローンとキャッシング

「キャッシング」をATM代わりに使う女

「キャッシング」と聞いて、思い浮かべるものはなんでしょうか?
大体の方は、良いイメージを思い浮かべないかもしれませんね。
高い金利、毎月の返済が大変…など苦しいイメージをお持ちの方が大半かもしれません。
ですが、キャッシングとは使い方次第なのです。自信の収入で無理なく返済できる借り入れであれば、
とても便利に利用する事が可能です。

 

もちろん金利が高い、というデメリットはありますが、いつでも借り入れ・返済ができるという利便性があり、
その点では銀行よりも便利という、メリットもあります。更に地方では金融機関が少ない傾向があり、
そういう場合は尚更助かるのではないでしょうか。

 

今回は皆さんにキャッシングについて理解を深めていただく為に、ある方の利用方法をご紹介させて頂きます。
その方は、なんと銀行のATMのかわりにキャッシングを使っているというのです。
彼女は数年前、家庭の事情で消費者金融から数十万の借り入れをしていました。
それは何事もなく完済し、少しずつ貯金もしているという彼女ですが、
今もショッピングや交遊費などでキャッシングは定期的に利用されているそうなのです。

 

その理由を聞いてみると、「銀行やコンビニATMは利用できる時間帯が限られているが、
消費者金融のキャッシングはいつでも借り入れ・返済ができて便利だから」という事でした。

 

確かに銀行ATMは夜7時まで。コンビニのATMだと夜9時までで、以降は下せなくなっていますね。
祝祭日なら更に営業時間帯が早く終わってしまいますし。
消費者金融のキャッシングなら、24時間いつでも手続き可能ですから、
仕事上どうしても遅い時間帯じゃないと出歩けないという方は、最初の審査さえパスしてしまえば楽かもしれません。
審査はネットなどでもできますが、彼女の場合は無人契約機で申し込んだんだそうです。
そして職業は何をしているのか、どれくらいの収入があるのか、住まいや、現住所を尋ねられたそうです。

 

そして、他社の借り入れが無いかどうかも確認されたようです、他社で借り入れを他にもしていると、
審査が厳しくなるみたいですが、彼女はその時その消費者金融が初めてだったそうです。
当時彼女の収入は十数万円程度だったそうですが、審査が通るのは案外早く、
融資に至るまでの時間は約1時間くらいだったそうです。最近の審査は利用者に親切で基本的に早いみたいですね。

 

また、他社から借り入れをいくつかしていて時間がかかりそうな場合も、ネットなどで「お急ぎの方はこちらへ」
といった別枠対応もあるみたいですから頭が下がります。さて、彼女は数年前からキャッシングを利用しています。
最初のきっかけは、家庭の都合でやむなく、という事ですが、何故今に至るまで利用しているのか?

 

その理由は「24時間使えて便利」という事ですが、他にも付加価値があるそうです。

なんでも、消費者金融のATMでキャッシングをするにはカードを作る必要があるのですが、
一見、消費者金融のカードとは思えないようなデザインらしいのです。なので、財布の中に入れていたり、
取り出したりしても「あ、この人消費者金融からお金借りてるんだ」とはバレない訳です。
まあ、相手も同じ消費者金融を利用していれば話は別ですが(笑)

 

彼女は今の会社で飲み会を開催したり呼ばれる事がかなり多いらしく、
なのでお財布からお金を出るタイミングがほぼ夜になる訳です。
それも、事前にわかっているものばかりでなく急に呼ばれたりする事もあり、
そんな時コンビニのATMではもう対応できない時間帯になっている事も多いらしく、
消費者金融のATMを頻繁に利用しているとの事でした。こんな使い方があるなんて!と思いますよね。

 

彼女はあまり現金を財布に入れておかない主義のようなので、必要があると分かった時に借り入れて、
後に返済日に給与が入っている口座から借りいれぶんの金額が引き落とされるようになっているらしく、
今まで返済が遅れた事はないそうです。とても優良顧客的な利用をしている訳ですね。
また、キャッシングには「限度額」というものがあり、初めから大金が借り入れできるという訳ではありません。
彼女の場合、最初の借り入れ限度は30万円だったそうですが、定期的に借り入れを行い、
きちんと返済を済ませていると、消費者金融から信用を得ることができ、限度額を上げる事が可能だそうです。
それは電話等で上限額増額のすすめの話を知らせてくるそうなのですが、増額手続きをすると、
なんと金利が下がるらしいのです!手続きをしたからといって、それだけ借りなければならないという訳ではありません。

 

 

今まで通りの使い方をして、金利が安くなるというのは嬉しいですね。ただ、一年に一度は収入に変化がないかどうか、
経済状況の報告書を提出しなければならないらしく、それだけは少し面倒だと言っていましたが、
手続き自体は数分で終わるものらしいです。まあこれは、お金を借りるという性質上、
しっかり行っていなければならない事なのでいたしかたないかもしれませんね。
ちなみに彼女は冒頭部でお伝えしたように貯金をしており、決して生活に困っている訳ではありません。
マンションも売却用に持っています。
ただ、自信の生活サイクルに最も合うのが消費者金融のキャッシングだったという事です。
どうですか、キャッシングに対する見方が少し変わりませんか?何事も使い方次第なのです。
皆さんも、キャッシングは怖い、という偏見だけで物を見ず、しっかりとサービス内容を把握して、上手に活用して頂ければと思います。
私は家を売るなどして、お金を作らないと・・・

 

カードローンのおすすめを参考にすると借入額や審査基準がよくわkります。